焼肉と言えばカルビとロース

banner

焼肉という心弾む響き

焼肉とは不思議な料理である。大雑把に言ってしまえば、ただ「肉を焼いて食す」。これほど簡単で誰でもできる料理もないだろう、しかし、その奥は深い。

否、簡単で誰でもできそうな料理だからこその懐の深さがあるのが焼肉であろう。一口に焼肉と言っても、まず、牛であるのか豚であるのか、または鳥であるのか?羊や獣肉だってある。

次に、バーベキュー形式であったり、韓国式の焼肉店であったり、ジンギスカンであったり、様々な形態の焼肉が存在する。

間口が広すぎる

なんせ、肉を焼くだけ、なので間口が広すぎるのである。次に、焼いた肉をどのような味付けで食すのかも様々で、バーベキュー風のフルーツを混ぜ込んだ甘めのタレで頂いたり、韓国風の醤油のようなタレやコチジャンのような辛い調味料を加えて食したり、はたまた塩コショウだけでいただいたり、レモン汁に塩を少々振り混ぜたタレでいただく種類の肉もある。

あとは、肉を焼く火は何か?炭であったり、ガスであったり電機のホットプレートであったりこれも様々である。火と同時にそれを焼くもの、つまり、鉄板なのか、網なのか、特殊な形状の鉄鍋なのか、果ては石焼の焼肉、溶岩で焼いた焼肉などというものまである。

そして、どの肉であっても焼肉を食す際やその場に欠かせないお供がアルコール飲料である。これにおいても、ビール派、焼酎派、ハイボール(ウイスキー)派、ワイン派、日本酒派など見事に分かれるのである。

事ほど左様に、焼肉とはとっつきやすくだからこそこだわりをもった人が多く存在する料理だと言えよう。

Author

  • 名前:まみ
  • 性別:女
  • 年齢:35歳
まみ

30代の専業主婦です。子供は、中学、高校で受験を控えており、主人は海外赴任しております。一人っ子の自分なので、両親は離婚し、母親が病気になりひきとり介護もしてます。毎日大変忙しいですが、前向きになり、がんばろうと思います。
我が家では焼肉イコール食べ放題です。質より量なので高級な焼肉屋さんだと、とんでもない金額になってしまいそうで怖くて行けません。

Copyright(c) 2013 www.hopeforgracekodindo.org All Rights Reserved.